ブログ

餃子とにんにく。

ぎょうざマンです!

 

餃子は日本の食卓でも広く知られている国民的な中華料理のひとつですが、

日本で親しまれている餃子と、本場中国の餃子は少し違います。

そのひとつとして「にんにく」の存在があります。

 

 

 

 

 

 

私達日本人にとって餃子ににんにくは当たり前のような組み合わせですよね?

しかし本場中国では餃子ににんにくを使用する事はほとんどありません。

ではなぜ日本の餃子にはにんにくが定着したのでしょうか?

日本で初めて餃子が食べられたのは江戸時代と言われています。

明治時代までにも中華料理店で餃子を出す店もあったそうなんですが

まだまだ一般的な料理として認識されておらず

日本の一般の人が食べるようになったのは太平洋戦争の後、

満州で餃子の作り方を習得した日本人が作り始めた事がきっかけになったそうです。

 

 

 

 

 

 

当時は物資不足の為、現在主流である豚肉に代わって羊肉を使用していた当時の餃子は

羊肉の特有の強い臭みを消すためににんにくが用いられ、

その後豚肉がメインで使用されるようになった後も

風味の良いにんにくと餃子の相性が良く、好まれた為、

日本では餃子とにんにくは一般的な組み合わせとして定着したそうです。

 

にんにくには糖質の分解を促したり、疲労回復、体力増強、大腸菌等に対する殺菌力。

また、豚肉とにんにくを一緒に食べる事で

豚肉に豊富に含まれるビタミンB1を吸収しやすくなったりと

健康食品としてもにんにくはとても優れた食材と言えます。

そしてなにより美味しいですよね!(^^)!

 

豚肉の旨味ににんにくの食欲をそそる香り。

国産野菜の自然な甘みが溢れるような肉汁となってお口いっぱいに広がる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天のびろくの餃子はそんなこだわりの具材を手打ちのモチモチ皮で全て手作業で

ひとつひとつ丁寧に手作りしている自慢の餃子です!

 

夕飯のおかずには勿論、ビールのお供に!またギフトにもいかかでしょうか?

お客様のご来店、ご注文を心よりお待ちしております。

 

 

 



手打ち餃子 天のびろく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です